妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群とは

昔は、妊娠中毒症と言われていましたが、今では妊娠高血圧症候群と改められ、その定義も見直されているようです。

 

妊娠20週以降に高血圧や、高血圧と尿たんぱくを伴う症状が出た時に診断されます。

 

これは突然発症し、悪化することが良くあるらしいのですが、お母さん(妊婦さん)の自覚症状が殆どないのにも関わらず、赤ちゃんだけが苦しんでいる場合もある病気です。

 

その為、発見が遅れ重症化すると、お母さん自身の体に影響するどころか、お母さんの命や赤ちゃんの命さえも奪ってしまう事にもなり兼ねないのです。

 

妊娠高血圧症候群には、早発型(32週未満で発症)と遅発型(32週以降に発症)があります。

 

突然発症し赤ちゃんの状態が良くない場合には、緊急帝王切開の出産になることもあり、早発型で赤ちゃんの発育が悪い場合にも、早産の時期であっても帝王切開での出産の可能性があります。

 

どちらにしても妊婦さんは発症する前の予防や早期発見の為にも定期検診の重要性を充分に理解していなければなりません。

 

ただ神経質になりすぎてストレスを溜めないようにしてください。
妊娠高血圧症候群の発症の有無に関わらず心のケアも大切です。

 

妊娠中は高血圧になりやすいメカニズムがありますから、万が一ご自分が発症してしまった場合にも、妊婦さん自身だけを責める必要などありませんし、この事は、周りのご家族も充分にご理解されていてくださいね。

 

予防については、一般の高血圧と同じように捉え、太り過ぎや塩分の取り過ぎに注意したバランスの良い食事、適度な運動、規則正しい生活を心掛けて下さい。

 

血圧は自宅でも測る事が出来ますから、朝昼晩の妊婦さん自身の血圧を記録しておくのも良いと思います。

 

何よりも早期発見、早期治療が大切ですし、出産直前になって発症するケースもある為、油断は禁物です。

 

 

そして最後に、出産前後の周産期管理の必要性を是非、理解しておいて頂きたいのです。

 

周産期医療とも表現される様に、専門医師も存在する程、現場では大変緊張を強いられています。

 

実際に専門の医療センターも存在し、24時間体制で対応してくれ、高度な医療を必要とする患者さんがいつでも適切な医療を受けられるように日々努力してくれています。

 

 

 

高血圧に効くサプリ

 

 

血液サラサラ、世界が認めた白井田七

白井田七は高血圧や糖尿病、痛風高血圧の人に支持されていて有機田七人参と有機玄米からのみ作られています

田七人参のサポニンは高麗人参のサポニンより7倍も多く含まれています
完全無農薬・有機栽培で作られた田七人参で有機JAS認証、国際有機認証されています
栽培から加工製造を一貫管理しています
5万本売れてる漢方サプリでサポニンが体のめぐりをよくして血液をサラサラにしてくれます
コレステロールや中性脂肪の数値が気になる人にもおすすめです
お子様からご年配の方まで愛用できます
定期購入なら9240円 白井田七茶1週間分とピルケースプレゼント!

ライオンのトマト酢生活

「トマト酢」は、健康野菜の代表「トマト」から生まれたお酢で利用者の90%が継続しています

血圧が高めの方に、トマトから生まれた酢を15,000mg配合したトクホ(特定保健食品)です!
毎日1本の<トマト酢生活>を飲んでいただいた方はなんと収縮期血圧が約8mmHg 低下した実績があります!

 

初回限定半額、約30日分が2,400円+税(送料無料)